ブログトップ

陶のボタン

tounobotan.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

おつカレーの会

f0213669_9301695.jpg週末、団欒でおつカレーの会。

それぞれ個展やクラフトフェアが一段落しての大集合です。
みんながんばってます。
私はちょっとがんばり足りませんね。

カレーは、せとものさん特性の、グリーンカレーとインドカレー!
一般家庭でグリーンカレーって作れるんですね。感動。
いい香りで、辛くて、甘くて、おいしーい!!!

そして、お誕生日近くの、河内家のお嬢さんと小澤家のお嬢さんの、バースデーケーキも登場。
こちらも、2種類。

ほかにもみなさん持ち寄りのたくさんのごちそう!
ほんとにおいしかったです♪

7月も終盤ですね。
夏休みの長女は、7月中に宿題を終わらせようとがんばっています。

今日は最難関の読書感想文に挑みます!
これって、どちらかと言うと親の宿題!?
つきっきりです・・・。
[PR]
by tounobotan | 2010-07-28 05:53 | 食べること

休日

f0213669_542592.jpg長女作のステンドグラスのネックレスです!!

八ヶ岳自然文化園で開催されたクラフトフェアに行ってきました。
さすが高原。さわやか~♪
芝生広場に並んだテントの中に、吹きガラスの一星さんと、ステンドグラスの山田祐紀さんのお店がありました。

工作系大好きな長女。
さっそく、祐紀さんの手ほどきで体験開始。
ステンドグラスの制作過程を見るのは、私も初めて。
f0213669_103745.jpg

好きなガラスのかけらを何枚か選んで。
一つずつ銅製テープで縁取り。
ハンダ付けをして。
薬品で彩色し。
紐を通して完成。


f0213669_1244066.jpg8歳の長女ですが、なかなか器用にこなします。
出来上がったのは、とっても涼しげな水色のネックレス!
光を通すとホントにきれい!!
なんとなく、オーストラリアっぽい形ですが(笑)。

長女が制作に没頭している間、私は一星さんのガラス選びを。
お皿や小鉢、いろいろステキなんですが、やっぱり手が伸びるのはグラス・・・。
選んだのは、全体に細かな気泡が入った手のひらに収まるもの。
う~ん。エレガントです。

帰宅後さっそくグラスの包みを解き、冷蔵庫で冷やし。
おいしいおいしいビールをいただきました!!
[PR]
by tounobotan | 2010-07-20 05:49

好きな音

f0213669_19255389.jpg梅雨明けが近づいてきましたね。
この時期、夕方になると、毎年聞こえはじめる音。

カナカナカナ・・・。
そう、ヒグラシです!

この音、というか声、ちょっと大げさに言うと、この世で一番好きな声。
子供の頃から、なぜか心引かれる声で、毎年カセットテープに録音(→ふ、古い・・・)しては楽しんでいたほどです。


なんだか、日本人の心っていうか。
侘びさびというか。
なんともいえない感慨深さがあります。

なんて。

「カナカナカナ・・・」って聞こえ始めると、「ビールどうぞビールどうぞ・・・」って聞こえるような。
夏ですからね。

写真は、クメマイコさんの小さめゆのみ。
透けるように薄く繊細ですが、どことなくおおらかなかたち。
このうつわ、冷酒をがぶっと飲むのに最適なんです。
ちびちびじゃなく。
やっぱり、夏ですからね。
[PR]
by tounobotan | 2010-07-14 19:19

豆皿三種

f0213669_13331748.jpg渋い豆皿です。
三枚とも、実家の蔵からの発掘品です。
母が子供の頃に見たことがあったそう。

ひょうたんに米俵って、縁起物ですよね。
もうひとつのひし形のものも何かおめでたいものなのかな?
見たまんまのかたちとかわいらしさ。

時代が変わっても、いろんな世代の方にも、同じようにいいなと思っていただけるものが作れたらいいですね。

と、言っておきながら、ここのところ制作は滞り中。
先月、熱と咳でしばらく保育園を休んだ次女に続き、今月は長女が同じ症状で小学校を8日間お休み。
やっと今週は通常モードに戻れるかな、と思ったところに、昨日は大雨警報で学校が臨時休校・・・。
今日も朝から結構な雨降りだったので、また警報が出そうで(警報が出ると保育園はすぐにお迎え)早々に作業を切り上げ帰宅。
う~ん。
なかなか思うようにはいきませんねー(笑)。
[PR]
by tounobotan | 2010-07-13 14:12 | 使うもの

こども食器”とり”シリーズ

f0213669_14211877.jpgこちらは、昨日、土岐市にあるハンドメイドと陶器のお店「Felice」さんに納品したうつわです。

Feliceさんは、ハンドメイドの洋服や布小物を多く扱っていらっしゃいます。
オーナーさんは私と同世代で、同じ2年生の子供を持つかわいらしい方。
作品を作っている作家さんも、お子さんがいらっしゃる方が多いそう。
お店には、こどもたちが遊べるスペースもあって、とてもあたたかい雰囲気が流れています。

納品したのは、こども食器”とり”シリーズのうつわたち。
ごはん茶碗やマグカップの底には、とりの足跡が描いてあります。

「全部食べると、とりさんの足跡がでてくるよ!」って。
こどもたちに「ぜんぶ食べた!!」「おいしかった!!」という喜びを感じて欲しいな、と思いながら作りました。

たくさんのこどもたち、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに、とりの食器を手に取っていただけたらうれしいです♪
[PR]
by tounobotan | 2010-07-08 14:31 | 作ること