ブログトップ

陶のボタン

tounobotan.exblog.jp

カテゴリ:使うもの( 3 )

豆皿三種

f0213669_13331748.jpg渋い豆皿です。
三枚とも、実家の蔵からの発掘品です。
母が子供の頃に見たことがあったそう。

ひょうたんに米俵って、縁起物ですよね。
もうひとつのひし形のものも何かおめでたいものなのかな?
見たまんまのかたちとかわいらしさ。

時代が変わっても、いろんな世代の方にも、同じようにいいなと思っていただけるものが作れたらいいですね。

と、言っておきながら、ここのところ制作は滞り中。
先月、熱と咳でしばらく保育園を休んだ次女に続き、今月は長女が同じ症状で小学校を8日間お休み。
やっと今週は通常モードに戻れるかな、と思ったところに、昨日は大雨警報で学校が臨時休校・・・。
今日も朝から結構な雨降りだったので、また警報が出そうで(警報が出ると保育園はすぐにお迎え)早々に作業を切り上げ帰宅。
う~ん。
なかなか思うようにはいきませんねー(笑)。
[PR]
by tounobotan | 2010-07-13 14:12 | 使うもの

お膳箱

f0213669_19331088.jpg
こちらは、実家の母曰く”お膳箱”なるものです。
何人か分の食器やお箸を組にして入れておいたものらしいです。
確かに箱の幅は、ちょうどお箸がすっぽり収まる感じです。
所々剥がれてはいますが、一応塗り物。

我が家では、夫の珈琲セットが収まっています。

f0213669_1928137.jpg
[PR]
by tounobotan | 2010-02-20 19:46 | 使うもの

アルミのお弁当箱

f0213669_1484625.jpg古いものが好きです。
といっても、高価な骨董品というわけではありません。
子供のころ自分が使っていたものとか、母の子供時代のものとか、もうちょっと昔のものとか、大体が実家から譲り受けたものたちです。

私の実家は、いまだに信号ひとつないたいへんな田舎町。
代々その地で暮らしてきた家がほとんどです。
わが実家も、江戸時代からのお墓を守っています。
それぐらいの古さだと、ほとんのど家にはあるんです。蔵が。

私のとって蔵は宝の山。
いろんな魅力的な道具が埃をかっぶって眠っています。
実家に帰るたびに、いそいそと蔵をのぞきに行くのです。
<宝探し>と私は言うのですが、いいものを発見してほくそえみながら帰ってくる姿を見て、夫は<盗賊>と言います。イヒヒ。

写真は、5年ほど前に発掘された、アルミのお弁当箱。
私や兄が保育園のお弁当に持っていっていたものです。30年くらい前のものかな。
ピンポンパンのキャラクターって、こんなに怪しかったんですね。
今みたいにラミネート加工のネームシールがないので、名前を刃物で直接彫ってありました。
ああ、なつかしい・・・。
何度も落としたのか、年季が入って形はでこぼこ、表面は傷だらけ。

今は、裁縫道具やスタンプセットを入れています。
[PR]
by tounobotan | 2010-02-18 14:15 | 使うもの