ブログトップ

陶のボタン

tounobotan.exblog.jp

カテゴリ:作ること( 30 )

「白い」茶わん展

東京・築地にある、うおがし銘茶 築地新店にて「茶遊会・夏」というイベントが開催されます。
そして、私、このイベントに合わせた、おいしい新茶を楽しむための「白い」茶わん展に、参加しまーす!!

茶遊会とは・・・日本茶のささやかな発見を楽しんでいただくために、年に4回、期間限定で行われます。
         全館(5階)、雰囲気の異なるお茶室でさまざまなお茶、お茶うけをサービスいたします。
         四大産地飲み比べなどが楽しめます。


時   2010年7月5日(月)~10日(土)
     10時~17時
所   うおがし銘茶 築地新店
     茶の実倶楽部 5階 space「会」                 
     東京都中央区築地2-11-12
     03-3542-2336


アメ釉などを施したうつわが多い私ですが、今回は「白」に挑戦。
会場には作家1人につき、異なる5点の作品が並びます。
多治見若手作家10名が参加します。
団欒でいつも一緒の、河内啓さんも参加されますよ。

ご来場なさるお客さまには、お気に入りの「白い」茶わんを投票していただく催しもあるそう!
そして、作品は予約販売されます♪

すべてのうつわがお客様のもとへお嫁にいけることを祈って!

よろしければ、どうぞお運びください。
[PR]
by tounobotan | 2010-06-28 13:25 | 作ること

やすらぎ展・その2

f0213669_19253715.jpg今回は、女子特集です。
まずは、「マダム・メイ カービングスクール」主催の名畑万紀さん。
右の写真、なんとスイカ!
フルーツカービングというタイの伝統工芸の手法で作られた、フルーツの彫刻です。
きれーい!すごーい!!
これ、カービング用のナイフ一本で全部彫ってしまうんですよ。
実演をされてたんですが、私は自分のお店そっちのけで、万紀さんの指先に釘付け!!
ナイフを深く刺したり浅く刺したり、刃先を寝かせたり起こしたり、細かく波打たせたり・・・。
万紀さん、普段はセントレアでサラリーマンとしてお仕事をされていて、1歳と4歳のお子さんのママでもあります。
なおさら、すご~い!
とってもステキなマダムでした♪

f0213669_19265322.jpg2人目は、「fuka*fuka」の深谷純子さん。
その名のとおり、扱っているのはフカフカのフエルト♪
とってもかわいいんです!!
アクセサリーを中心に、バックや鍋つかみ、ワインバック、ちっちゃな羊さんの置物、などなど・・・。
なかでも、「セミオーダー」と名づけられた、いろいろな色のフエルト玉から好きな色を選んで、ネックレスやヘアゴムを作ってもらえるコーナーが人気でしたよ。
特に私に(笑)。
フエルト玉の色についている名前が、これまたステキなんです。
森、勾玉、晴、スコール、デラウェア、さるすべり、あずき、ミルクティー、路、小夏・・・。
う~ん。私好み!
長女用に”あやめ”と”サクラ草”で、次女用に”さるすべり”と”サクラ草”で、それぞれヘアゴムに仕立てていただきました。
私用には、ほんとはパーツ売りをしていないところを、無理を言って”デラウェア”と”あずき”をひとつずつ、分けていただきました。
むふふ。
なにに付けようかな。

3人目。残念ながら、写真なし。足つぼマッサージの安藤淳子さん。
何を隠そう、主催「藤太郎」さんの三女さん。
初めての出店に、わけも分からずちょっぴり不安な私に、さらりと声をかけてさらりとコミュニケーション。
私にだけでなく、すべての出店者さんのところに出かけて行っては、声をかけ、みんなの心を解きほぐしていました!
足つぼだけじゃなく。
ステキです♪

まだまだ、たくさんの出店者さんがいらっしゃいましたが、紹介し切れません。
プリザーブドフラワーの「みさ」さん。
着物リメイクの「志のや」さん。
アクセサリー・クラフトショップの「mimi」さん。
などなど。

最終日には、家族みたいな、親戚みたいな、そんなかんじでした。
藤太郎のスタッフの方々もアットホームで、まかないもとっても美味しかったです!!

楽しかった~♪
[PR]
by tounobotan | 2010-05-26 19:55 | 作ること

やすらぎ展・その1

f0213669_13533718.jpg恵那市にある民宿「藤太郎」さんで催された、”やすらぎ展”に5日間出店してきました。
お食事と和太鼓のコンサートに加えて、いろいろな展示販売を楽しんでいただく、というお客様感謝イベントです。
とてもステキな出店者の方々と出会えました。

右の写真、何かわかりますか?
答えは・・・、和太鼓の叩く部分です。皮の。
この太鼓のご主人は、和太鼓アーティストの加藤拓三さん。
2008年の東京国際和太鼓コンテストの大太鼓部門で最優秀賞を受賞されたすごい方。
私も演奏をのぞきに行きました。
私の左側には6ヶ月ぐらいの赤ちゃんが、右側には80歳ぐらいのおばあちゃんが座っていました。
演奏が始まると、大きな音に驚くかと思っていた赤ちゃんは、おしりを浮かせての激しい縦ノリ。
おばあちゃんは、両手を胸の前で握り締め、うなずきうなずきリズムを取って・・・。
赤ちゃんからお年寄りまで、一度に感動させられることなんて、あんまり無いですよね!
一曲終わって、拓三さんが一呼吸すると、それと同時に、息を詰めて演奏を聴いていた観客が、一斉に「ふぅ~っ・・・」って、息を吐く音が聞こえるんです。
すごい一体感。
4日目には、拓三さんのスタジオ見学も!スタッフの役得です!
下の写真は、たくさんの太鼓の前に並ぶ拓三さん(右)と、癒詩作家の伊藤一樹さん(左)。
壁もガラスもカーテンも、4~6重の防音設備。
でも、古民家から移築した太くて黒い梁や、赤ちゃんが舐めても安全な自然素材の床材を使ったり、とてもすてきなスタジオでした。
おまけにその場で、笛と太鼓の生演奏!和太鼓って、ほんとにおなかに響いて心に沁みますね・・・。

f0213669_1355516.jpgそして二人目。伊藤一樹さん。
名古屋を拠点に、たくさんの人々に言葉を送り続けている作家さんです。
握手をして、ひらめいた言葉を、瞬時にさらさらと文字にして行きます。
書きあがる言葉は、どれもやさしくあたたかいものばかり。
その場で涙を流すお客様もたくさんいらっしゃいました。
実は私も、昨年お会いする機会があり、言葉を書いていただいたんですよ!
これまでに、5000人の方と握手をして、言葉を送ってきたんですって!!
すごいですね~!
一樹さんとお話していると「ありがたいですね」「ほんとにありがたいですね」っていう言葉が頻繁に出てくるんです。
まだお若いのに感謝の気持ちの中で生きてる方なんだなぁと、感心しました。

次の方のお話は、次回に続きます!
[PR]
by tounobotan | 2010-05-24 14:19 | 作ること

お茶セット

f0213669_711253.jpgゴールデンウィークの3.4.5日に、土岐美濃焼まつりに出店します!
毎年、友人達と一緒に参加しています。
陶器以外にも、ガラスや木工のお店があったり、大道芸パフォーマンスやオリエンタルカレーの移動販売があったり、とても楽しいイベントです。

写真は、”ミルク色”シリーズの、マグとクリーマー、ポットです。
この器たちで、コーヒーを楽しんでいただけたらいいなぁ、と思いながら作りました。
今回のお店にも並びまーす!

私たちのお店は、作陶家・クラフト工芸家手作りストリートの106番です。
たくさんの方々に見ていただけるといいなぁ。
[PR]
by tounobotan | 2010-05-01 07:16 | 作ること

多治見クリエーターズ・マーケット

f0213669_14141539.jpg多治見クリエーターズ・マーケット、終わりました。
二日間ともお天気に恵まれ、とても気持ちのよいイベントでした!
写真は、せとものさんと私の出店の様子です。

手前にあるのがせとものさんのミニトート。
内布にアフリカのカンガが使ってあって、とっても斬新!!

その奥に見えているのが、私の”ココア色”シリーズのうつわたちです。
ポットの蓋には、麻紐でポイントが付いているんですが、これはせとものさんのアイデア。f0213669_14175250.jpg
こういったイベントでのディスプレイやスタイリングは、いつも悩みどころです。
何回も経験するうちに上手になっていくんでしょうね。

私たちのお店に来てくださった皆様、お買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by tounobotan | 2010-04-13 14:24 | 作ること

陶のボタンのぱっちんどめ

f0213669_15392176.jpgお知らせです!
4月10日、11日、”多治見 クリエーターズ・マーケット”に出店します。
このイベントは、毎年開催されている、多治見陶器祭りにあわせて行われます。
36人の地元作家限定のマーケットです!

開催日まであと1週間。
焦ってます・・・。
写真は、陶のボタンを使った、ぱっちんどめです。
たくさんの方から、「かわいい」という声が聞けることを祈りながらつくっています。
[PR]
by tounobotan | 2010-04-02 15:43 | 作ること

スコップスプーンその2

f0213669_6511448.jpg子供たちは春休みです。
宿題もないのでとてもうれしそう。
私のほうは、4月、5月のイベントの準備に追われ始めました・・・。
写真は、ずっと以前に紹介したスコップスプーンです。
予想通りの焼き上がりでほっとしました。
[PR]
by tounobotan | 2010-03-27 06:53 | 作ること

窯だし

f0213669_14454420.jpgほやほやです!
本日窯だしをしてきました。
私の使っているのは、ものすごく小さな窯です。
なのですこーしずつしか焼けません。
今日焼けたのは、スープボウルが6つとミルクピッチャーが4つ、シュガーポットが1つに、豆皿が3つ。
写真は、「アメの実 スープボウル」。
数年前から、このアメの実を施したうつわシリーズを作っています。
手にして下さるのは若い女性の方がほとんど。
わたしが器を作るときに大切にしているのは、「扱いやすい日常のものであること」と、「どこかに”かわいらしさ”が含まれていること」、です。
そんな願いが伝わって、手にしてくださっていたら、うれしいと思います。
[PR]
by tounobotan | 2010-03-18 14:50 | 作ること

団欒

月に一回ほど、ものづくりの仲間が集まって、食事会をしながら情報交換をしています。
会の名前は「団欒」。
メンバーが作るものは、木工、ガラス、布もの、陶器、などなど。
(詳しくは、こちらの団欒ブログをどうぞ。)

今回は、木工作家のマサチロ雑貨店のお二人のお宅へ伺いました。
持ち寄りのごはんとデザート、それにお酒も少々・・・。イヒヒ。
みなさんお料理上手で、どれもこれも美味しいものばかり。

ひとしきり楽しんだ後は、すぐ近くの造り酒屋さんへ。
ちょうど年に一度の蔵開きで、試飲もできました。
試飲と言っても、100円でお猪口を購入して、セルフでお酒を注ぐシステムなので、いってみればプチ飲み放題!
かなり出来上がった陽気なおじさんもちらほらと。
そんなおじさんたちを眺めつつ、私もおいしくいただきました。またまたイヒヒ。

その後は、マサチロさんの工房見学へ。
その道具の大きさと種類にびっくり!
すごい設備投資です!陶器なんて比べ物になりません・・・。
そして、2階には、お二人の作品を展示するギャラリーがありました。
かわいらしいブローチやカトラリー、椅子たちが、素敵に展示してあります。
作品に仕上げたあとも呼吸をしている木の作品は、湿気と木目の方向で大きく収縮するんですって!
マッチ箱型の木箱が外箱から外れなくなったりするんです。
いろいろ計算しながら作り上げるんだなあと、ほんとに感心しました。
陶器とは異素材のものから、学ぶことがたくさんありました。

盛りだくさんの内容で、充実、満足の一日でした。
マサチロさん、ありがとうございました!
[PR]
by tounobotan | 2010-03-09 22:06 | 作ること

スコップスプーン

4月、5月のイベントに向けて準備中です。

今回は、スコップスプーン。
調味料やコーヒー豆、小麦粉などをすくうスプーンです。
金属製だとすくうものによっては錆びやすいし。プラスチック製では味気ない。
で、陶器で作ってみたらどうかな、という発想から生まれました。
調味料などの容器の中に、直接”ぽとん”と落とし込んでも大丈夫です。
形違いで、さとうスプーンやコーヒー豆スプーン、れんげスプーン、なんかもあります!

粘土を手びねりで少しずつスプーンの形にして作ります。
写真は生素地を乾燥中のもの。
このあと、素焼き→釉掛け→本焼き、して完成させます。
完成したらまたお知らせします!
f0213669_5484064.jpg
[PR]
by tounobotan | 2010-02-15 05:52 | 作ること